犬の年齢にあった散歩の仕方について考える

年齢別の犬の散歩の仕方について
日本では愛犬家が多いので犬を飼っている人も多いです。犬を飼うと必ず散歩をしますが、年齢によって方法が異なってきます。そのため年齢別の犬の散歩の仕方について見ていく事にしましょう。
犬は0〜1歳までを子犬、1〜10歳までを成犬、10歳以上を老犬と呼んでいて年齢別に分けると3つになります。まず子犬の時の散歩する時間は10〜15分ぐらいで大丈夫です。子犬の時は外に出る事が不安な時期でもあり体が小さいので体力もそれほどありません。そのため自宅周辺を少し回りながら排尿や排便を済ませておくようにするといいでしょう。
次に成犬の時の散歩は30分以上は必要になってきます。成犬になると外に遊びに行きたいという気持ちが強くなってくるので散歩に行きたいと要求してくる事も多いです。また10〜15分ぐらいだと物足りなく感じる事があるので成犬の散歩は30分〜1時間ぐらいしてあげるようにしましょう。
次に老犬の時の散歩は子犬の時と同様に10〜15分ぐらいにする必要があります。老犬になってくると足の筋肉が衰えてくるので長時間の散歩をしてしまうと体に負担がかかってしまいます。そのため自宅周辺を軽く散歩するような形にするといいでしょう。
犬の散歩は排尿や排便の事を考えると朝と夜の2回するというのが基本です。また季節によって暑さや寒さが影響してくるのでその辺りも考えながら散歩するようにしましょう。